FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


12-600形営業運転開始

2012年2月23日(木)、大江戸線に13年ぶりの新型車両12-600形12-611編成が登場し、営業運転を開始しました。


20120223141258 (3)

営業運転を開始した12-611編成。従来の12-000形とは仕様が異なるため、新たに12-600形の形式が与えられた。

乗車記(というか感想)は続きをご覧くだしあ



動画




この12-600形、印象的には先年南北線に導入された9122F・9123Fに近い印象を受けました。ドア開閉ランプや弓状スタンションポール、袖仕切り等バリアフリー面に関しては充実が図られましたが、反面化粧版が単色化され、少しチープになったような印象がありました・・・。床の色も紫で逆に不自然なような・・・^^;
ドアの黄色テープは後貼りではなく印刷によるものでした。
当然VVVFも変化しており、その独特な磁砺音は大阪市交の80系や70系更新車のそれによく似ています。

個人的に気に入ったのは天井ですかね。蛍光灯部分の丸みを帯びた処理がなかなか趣ある感じでしたw


そしてそして一番驚いたのが乗り心地。

従来の12-000形ではATO運転において停車時にどうしても圧力が残り、カックンとした停車になりがちでしたが(特に前期の白いお前!お前だよ!お前は特に酷い!!←)、この12-600形は一瞬止まったのかわからなくなるくらいスッと止まってくれます。むしろ気持ち悪いぐらい(

座席は従来のものに比べてかなり硬くなりました…(でも硬いわりにはフィットしやすい・・・?)しかし、6の字を描いて走る大江戸線の利用状況を考えればそれで十分なのかもしれません。


あなたも、13年を経た変化を是非体感してみてください(
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://wing2100.blog96.fc2.com/tb.php/43-0bb35bb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。